虫歯治療・小児歯科

虫歯治療

谷山歯科医院の歯科治療

谷山歯科医院では、歯科衛生士が担当制で患者さまの治療にあたります。
長期的に患者さまの口腔内を管理させて頂きます。

▶予防歯科についてはこちら
▶歯周病治療についてはこちら

虫歯になる原因とは 

生活習慣や環境、虫歯の原因菌の感染など、虫歯になる原因は一人ひとり違います。ですが、大きな要因はプラーク(歯垢)
お口の中の細菌は、歯に残った食べ物の糖分を分解するときに酸を出します。酸は歯のエナメル質を溶かし、虫歯を進行させていくのです。細菌と酸が一緒になったものがプラークの正体というわけです。
虫歯予防には、適切なブラッシングによるプラークコントロールがとても大切です。

虫歯の進行状態とその症状について

虫歯は進行状態によって、C0~C4の5段階に分けられます。

C0……エナメル質が白く濁っている。溝が茶色になっている。
C1……エナメル質が溶け、黒い小さな穴が空く。痛みはまだない。
C2……象牙質まで進行。冷たいものや甘いものがしみる。
C3……歯の神経まで進行し炎症が起きる。ズキズキと強い痛み。
C4……歯の上部が溶け、根だけに。炎症が進むと神経が死に、痛みがなくなる。

口呼吸っていけないの?

人間は本来、鼻で呼吸する生き物です。しかし、なかには無意識に口で呼吸をする人もいます。
口呼吸が習慣になっていると体に細菌が直接入るため、病気にかかりやすかったり口の中が乾燥して口臭・虫歯の原因になったりします。
また、いびきをかきやすく、眠りの質も悪くなるといった悪影響が出てきます。

口呼吸の原因には、鼻づまり口を閉じる筋力が弱い歯ならびが悪いといったことなどが挙げられます。
口呼吸は、子どものうちに治してしまうのがおすすめ。

▶お子様の口呼吸についてはこちら

妊婦検診について

妊娠すると女性ホルモンの分泌量が増加し、お口の中の環境が大きく変化します。また、唾液が酸性側に傾いて、虫歯や歯肉炎になりやすい状況です。
さらに重度の歯周病にかかると、健康なママと比べて早産低体重児のリスクが高まってきます。
赤ちゃんのため、ママのためにも、妊娠中だけでなく、妊娠前からの歯科検診が大切です。
妊婦健診はつわり時期を過ぎた妊娠4カ月ごろに受診しましょう。
歯科衛生士がプロの目でしっかりチェックします。

小児歯科

子どもが歯医者に通うタイミングは?

ママのお口の健康は、お腹の中の赤ちゃんにも影響するため、妊娠中からお口への気配りが重要です。
出産後は1歳半から、自治体の健診に合わせて歯医者さんを受診しましょう。
普段から歯ブラシをおもちゃのように持たせて慣れさせてあげると、ブラッシングの抵抗が少なくなるようです。

小児歯科治療について

谷山歯科医院では、歯医者さんが怖い場所だと思われないよう、友達のように打ち解けてもらえるよう、スタッフ全員が笑顔でお話しをしています。
基本的に初日は診断のための検査を行うので、いきなり治療をはじめることはありません
雰囲気や器具に馴れてきたらスタート。過度に緊張したり怖がったりするときには、リラックスできる笑気吸入鎮静法もおすすめしています。

フッ素塗布

フッ素は、歯の質を強くし虫歯になりにくくするために使用します。
「フッ素を塗っているから虫歯にはならない!」というものではありません。
最近では、フッ素入りの歯磨き粉うがい薬(洗口液)などさまざまな種類のものがあります。
当院でも、お子様にあった歯磨き粉や歯ブラシ等のアドバイスも行っておりますので、お気軽にご相談下さい。

子どもが虫歯にならないように気をつけること

生まれたばかりの赤ちゃんのお口に虫歯菌はいません
虫歯菌は、ママやパパなど身近な大人からうつります。お箸やコップの共有愛情いっぱいのキスが感染につながるのです。
これを防ぐには、食器類の共有を避け、大人のお口の虫歯菌を減らすこと。
乳歯が生えるまでにうつらなければ、その後も虫歯になりにくくなります。
また、子どもによくあるだらだら食べも虫歯リスクが高まります。
普段から食事やおやつの時間を決め食後のブラッシングを習慣づけましょう。
ママやパパが子どものお口の中に興味を持って接してください。

お子様の口呼吸について

寝ている時、テレビを見ている時、口がポカンと開いていませんか?
鼻呼吸ではなく、口呼吸をするお子様が増えてきています。発育期に口呼吸を続けていると、顔のバランスが悪くなったり歯並びが悪くなる原因となります。
当院では、口腔筋のトレーニングやあいうべ体操専用の器具を用いて治療を行う方法を取り入れております。

口呼吸のお子様にはスケルトンタイプの拡大装置をおすすめする場合もあります。
スケルトンタイプの拡大装置は、上顎の成長が終わる前に治療を行うことが大切なポイントです。お口の中のスペースが広がり、舌の機能を改善しやすくなる環境が整います。
早ければ1~2週間で鼻の通りが良くなり、口呼吸の改善が見られます。

睡眠時無呼吸症候群とは

お子様はイビキをかいて寝ていませんか?
通常こどもはイビキをかきません顎が小さいかみ合わせが悪いなどが原因で気道が狭まり、イビキをかき睡眠時無呼吸症候群につながっています。
お子様のイビキや無呼吸は、睡眠不足集中力の低下肥満の原因にもつながります。
当院では、筋機能訓練口呼吸の改善や矯正治療により睡眠時無呼吸症候群の治療を行っております。
こどもの頃に治療をすることが重要です。

マタニティ歯科

妊婦さんには重要な歯科治療

妊娠中はつわりや、身重のため、歯磨きが不十分になりがちです。
さらに歯肉からの出血が出やすいため、歯ブラシの使用を避ける方もいらっしゃるため、歯肉炎を悪化させる悪循環となります。

妊娠中のお口の中のトラブルについて

お口の中がネバネバする

原因は歯垢です。
個人差はありますが妊娠中は唾液の分泌量が少なくなります
つわりで歯磨きが不十分になると、歯垢が増えるためお口の中がネバネバします。

歯茎の腫れや出血

妊娠性歯肉炎といい、妊娠中の女性ホルモン(エストロゲン)の増加内分泌の変調により、歯肉が赤く腫れやすくなり、歯肉から出血することもあります。
放っておくと悪化し、歯周病になる可能性があります。
正しいブラッシングが重要です。

口臭が強くなる

女性ホルモン(エストロゲン)の変化によって、お口の中は菌が増えやすい状態です。
その菌が原因となり、口臭が強くなります。

虫歯ができやすくなる

つわりなどによって歯ブラシをするのがおろそかになり、虫歯になります。
妊娠したらまずは歯科検診歯のクリーニングをしましょう。
治療が必要な場合は、安定期に入ってからがおすすめです。

妊婦検診について

妊娠すると女性ホルモンの分泌量が増加し、お口の中の環境が大きく変化します。また、唾液が酸性側に傾いて、虫歯や歯肉炎になりやすい状況です。
さらに重度の歯周病にかかると、健康なママと比べて早産低体重児のリスクが高まってきます。
赤ちゃんのため、ママのためにも、妊娠中だけでなく、妊娠前からの歯科検診が大切です。
妊婦健診はつわり時期を過ぎた妊娠4カ月ごろに受診しましょう。

マイナス1歳からの予防

谷山歯科医院では「マイナス1歳」から、つまりお子様が生まれてくる前からお母さんの口腔内の管理に力を入れています
出産、子育て経験のあるスタッフも在籍しておりますので、安心してご来院下さい。

バランスの良い食生活を

妊娠中はホルモンバランスの乱れにより栄養障害が起きやすくなります。
それにより口腔内のバランスも崩れ、胎児の歯の形成にも影響を及ぼす可能性があります。
常にバランスの良い食事を心がけましょう。

妊娠中不足しがちなビタミン類

妊娠中は、ビタミンAビタミンBビタミンCビタミンDが不足しがちです。
ビタミンBの不足は、特に注意。歯周組織に影響を及ぼし、歯肉炎の悪化する原因とも言われています。
食事の偏食は避けましょう。

妊娠初期は胎児のためにも

妊娠初期には胎児の歯の形成も始まります。栄養には十分注意しましょう。
特に、タンパク質リンビタミンAビタミンDなどが歯には大切です。
乳製品緑黄色野菜などをバランス良くしっかり摂りましょう。

まずはお気軽にご相談ください

  • 診療時間 9:00~12:00/14:00~18:30 休診 木曜午後/土曜午後/日曜/祝日 0985-59-5540

    common_spimg01.png

  • 24時間ネット予約24時間ネット予約
  • スタッフブログ STAFF BLOGスタッフブログ STAFF BLOG
  • 採用情報 RECRUIT採用情報 RECRUIT
  • 滅菌対策について STERILIZATION滅菌対策について STERILIZATION
  • youtubeyoutube
  • 矯正サイト矯正サイト
求人情報
  • 0985-59-5540
  • 24時間ネット予約